股関節の症状

変形性股関節症鼠径部痛症候群

変形性股関節症

症状

股関節の痛みに伴い関節可動域の低下、大腿(ふともも)の筋肉の筋力低下と萎縮がみられる。下肢の短縮がおこり、跛行(異常歩行)もみられる。

部位

股関節。骨盤と下肢をつないでいるところ。

なぜ痛くなるの?

関節の軟骨が加齢により変形が起こってくるものと病気や怪我などが原因の場合があります。先天性股関節脱臼(生まれつき脱臼している)や、臼蓋形成不全(発育不全)等があります。

東大沢整形外科での治療および治療方針

物理療法・鍼灸治療:筋肉の緊張を和らげ、血流を良くし筋の萎縮を防ぐ。

鼠径部痛症候群

ただいまコンテンツ作成中

関連項目