超音波検査

超音波検査装置は、人の耳には聞こえない超音波を体の外から当てることにより、その内部の状態を映像にして表示する装置です。
一般的には、妊婦の胎児の状態を確認したり、心臓・肺などの臓器に用いられることが多い検査方法ですが、当院では主に整形外科分野での診断をおこなっております。
超音波検査は、レントゲンでの判断が難しい筋肉・腱の繊維の断裂、出血の有無や軟骨の状態などを動画で確認することが出来るため、従来の触診技術やレントゲン検査と組み合わせることで、より正確でスピーディーな診断が可能です。

検査方法

検査は、検査の対象部位にゼリーを塗り、超音波発信器を軽く押しあてておこないます。損傷部をモニターに映し、患者様と一緒にモニターを見ながら診断をすることが出来ます。また、検査による痛みがなく身体にあたえる影響もないため、妊婦の方でも安心して何度も検査を受けていただくことが可能です。

関連項目