理学療法科スタッフ紹介

理学療法士

理学療法士 宮本

宮本 三千男(みやもと みちお)

理学療法科は平成20年から始動しました。始動当初から定期的な院内勉強会や外部研修へ積極的に参加することで、常にスキルの向上に励んでおります。また、当科主催の研修会により、患者様あるいは理学療法士への情報提供の場を設けております。微力ながら地域社会に貢献できるよう努めてまいります。

理学療法士 甲斐

甲斐 政行(かい まさゆき)

痛みの克服には、正しい情報を知り、正しいリハビリを行うことが大切です。同じ痛みであっても、人それぞれに原因が違えば対処法も違うため、個々に合わせた最適なリハビリを提供することを心がけています。私自身は、AKA-博田法を中心とした徒手療法に力を入れています。

理学療法士 笠原

笠原 智(かさはら さとる)

関節マニピュレーション(関節手技)にて関節可動域の拡大、骨盤・姿勢調整を行ない、PNF(固有受容性神経筋促通法)にて脳・神経・筋肉を刺激し、痛みのない、動きやすい身体づくりのお手伝いをさせて頂きます。

理学療法士 菅原

菅原 隆左(すがわら りゅうすけ)

“鎮痛”や“動きの改善”だけでなく、ここの目的に合わせた「何ができるようになりたいのか」にこだわって精一杯サポートしていきます。整形外科疾患全般に活躍できるオールラウンダーとして日々勉強していますので、是非、お気軽にご相談ください。

理学療法士 大日方美寛

大日方 美寛(おびなた よしひろ)

整形外科疾患の中でも自身も経験したスポーツによるケガ・障害に対するリハビリに力を入れています。痛みのない日常生活動作の獲得からスポーツ復帰やパフォーマンスアップなど幅広くサポートしていきます。運動を中心としたリハビリでみなさんの目標を一緒に達成しましょう。

理学療法士 目時

目時 匠(めとき しょう)

痛み・動作改善などのニーズに合わせ、患者様の納得できる徒手療法や運動療法を行い、日常生活を快適に過ごすためのサポートをしていきたいと思います。私自身は、投球障害のリハビリやインソール療法に興味があり積極的に取り組んでいます。

理学療法士 宗方

宗方 美季(むなかた みき)

日常生活の中で困っていることを実際の動きから評価し、改善策を提案します。妊娠・出産後などの女性特有のトラブルには、骨盤底筋群を中心とした身体に負担の少ない効果的なエクササイズも取り入れていますので、ぜひご相談下さい。

資格:ガスケアプローチ腹筋運動研修レベルⅠ・ペリネ研修レベルⅠ修了

理学療法士 小林

小林 友仁(こばやし ともひと)

“この人にリハビリしてもらって良かった”と思ってもらえるよう、患者様一人一人との出会いを大切にして、知識・技術向上に取り組んでいます。学生時代はサッカーに励んでいたので、スポーツ(サッカー)障害にも多くサポートできればと思っています。

理学療法士 内田

内田 慎之介(うちだ しんのすけ)

痛めない身体作りをモットーとしたリハビリを提供します。一人、一人が抱えている身体の不調には必ず原因があり、解決策を一緒になって探していきます。あなたの一番身近な身体についての相談相手だと思って気軽にご相談ください。

理学療法士 柴﨑

柴﨑 由衣(しばさき ゆい)

学生時代にソフトボールで培った体力と仕事への熱意は誰にも負けません!運動療法を中心とした研修会に多く参加し、知識・技術を向上させることでご来院の皆様に最適な治療を提案させていただきます。日々の生活に少しでも貢献できるよう尽力致します。

関連項目