男性型脱毛症薬(プロペシア)

男性型脱毛症男性に最も多くみられる脱毛症で、最近では略して、AGAと耳にする事が多いのではないでしょうか。
AGAは他の脱毛症と異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、薄くなり進行していくのが特徴です。細くて短い髪の毛が多くなり、全体として薄毛が目立つようになります。
一般的にDHT(強力な男性ホルモン)や遺伝が関係するといわれています。
又、AGAは進行性で、何もしないでいると徐々に進んで行きます。
進行を抑える為には早めのケアが大切です。800万人の日本人男性が気にしているといわれるAGA。
技術の進歩のおかげで医師の治療によりその症状の改善ができるようになってきました。

AGA(男性型脱毛症)内服薬「プロペシア」

万有製薬より発売 。医師の処方が必要な保険適用外の医療用医薬品で1日1錠を内服する。男性ホルモンのテストステロンをより強力な男性ホルモン(DHT)に変換する酵素の働きを阻害する作用で、薄毛・抜け毛の進行を抑制し発毛を促す。性機能障害や長期服用で肝障害等を引き起こす少数例の報告もありますので、医師の指導の下に服用することが必要です。

3ケ月間の連日投与により効果が発現する場合もありますが、効果が確認できるまで通常6ケ月間の服用が目安となります。6ケ月服用しても効果が期待できない場合は医師にご相談下さい。
尚、ペロペシア錠成分は、前立腺がん検査(PSA)値を約50%低下させることが知られています。従って、測定したPSA濃度を2倍した値を目安として評価して下さい。

診察料金について

AGA初診料 1,600円
再診料 1ヶ月処方希望 1,100円
3ヶ月処方希望 3,300円

関連項目