腕・肘・手の症状

野球肘肘内障肘部菅症候群テニス肘上腕二頭筋腱損傷・断裂橈骨遠位端骨折上腕骨近位端(頚部)骨折ガングリオン母指CM関節症マレット変形ヘバーデン結節弾発指・ばね指ドケルバン病(母指手関節腱鞘炎)手根管症候群キーンベック病舟状骨骨折

野球肘

症状

野球肘は投球によって生じる肘の外傷・障害の総称です.ボール等を投げた時,徐々に痛みが強くなる場合と投げた瞬間に急に痛みが生じる場合があります.また,肘の曲げ伸ばしに制限がでてくることも特徴です。

部位

肘の内側,外側,後方に発生します。

・内側型:内側上顆障害,内上顆剥離骨折,内側側副靱帯損傷など
・外側型:上腕骨小頭障害(離断性骨軟骨炎),関節遊離体(関節ねずみ)など
・後方型:肘頭障害,肘頭疲労骨折など

なぜ痛くなるの?

投球動作(胸を張って肘をしならせる時)では肘の内側に強い牽引力が加わり,外側は関節が圧縮され骨どおしがぶつかります.成長期には骨・軟骨,成人期には筋・腱・靱帯の障害が多く特徴的です.特に成長期の骨・軟骨障害の場合には,それが修復されるまで投球を休止します.無理をすると将来後遺症を残し,満足のいくプレーができなくなります。

東大沢整形外科内科での治療法および治療方針

  1. 薬物療法:消炎鎮痛効果の外用薬(貼り、塗り薬)・内服薬 
  2. 物理療法:電気治療・鍼などによる消炎鎮痛 。 超音波療法,微弱電流療法による治癒促進。
  3. 理学療法:肘まわりの筋力トレーニング,ストレッチング 肘に負担のかからない投球動作チェックなど
  4. 手術的治療が必要な場合には、提携の病院へご紹介致します。

肘内障

症状

肘を軽く曲げ、手の甲を上に向け腕を下げたまま動かさない。腕を使おうとしない。時に、手首の痛みも肘の痛みに伴い訴える事もあります。

部位

肘の外側の痛みが多いようです。

なぜ痛くなるの?

小児(2~4才位)の肘は、骨が未完成であり、骨より靱帯の方が大きいので、腕を体の下にして寝返りうをうつ・腕を急に引っ張られた時に骨が抜け発生します。

東大沢整形外科内科での治療法および治療方針

しっかりとお話を聴きます。レントゲン撮影をして、骨折などの鑑別を行い、その後、整復します。 日常生活では小学生位になるまで再発しやすいので、腕を捻り過ぎないよう・引っぱらないように気をつけて頂く事を、ご指導いたします。 

肘部菅症候群

症状

痛み、シビレ感、夜間痛、麻痺の進行により、手の筋肉がやせる、シビレ感が強くなる、手指の運動が下手になる。

部位

肘の内側から薬指・小指にかけて発生します。

なぜ痛くなるの?

中高年の労働者に多発します。例えば、使いすぎ・加齢変化。または小児期の肘のケガ(骨折など)により成長過程で変形して発生する。これらにより、肘の内側を通る尺骨神経を圧迫してシビレが出現します。

東大沢整形外科内科での治療および治療方針

  1. 薬物療法:注射や内服薬により、神経の循環を改善。
  2. 物理療法 :電気治療などにより、神経周囲の筋肉の緊張を改善。これらが効を奏しない時に手術療法となります。
        *手術につきましては、患者様と相談の上、当院の連携病院へご紹介いたします。   

テニス肘

症状

タオルを絞る、蛇口・ビンのふたを開ける、ポットなどを持ち上げようとした時に痛む。

部位

・外側型:外側上顆炎(バックハンド・テニス肘)ー 肘の外側、その周囲の痛み、圧痛。 
・内側型:内側上顆炎(フォアハンド・テニス肘)ー 肘の内側、その周囲の痛み、圧痛。

なぜ痛くなるの

肘(外側・内側上顆)には、手首を曲げる・反らす・捻じる等の筋肉があり、これらを繰り返し使う(オーバーユースする)事で筋肉がついている部分で炎症が起こり痛くなります。

東大沢整形外科内科での治療および治療方針

  1. 薬物療法 注射や外用薬(湿布薬や塗り薬)、内服薬(消炎鎮痛剤)。 
  2. 物理療法 電気治療(微弱電流・低・ 中周波)・超音波・鍼治療などを行い消炎鎮痛を企図します。
  3. 装具療法 エルボーバンドによる筋緊張緩和を企図します。

日常生活では、自宅で(特に炎症・痛みが強いとき)アイシング・安静をご指導いたします。再発防止のためにも、ストレッチなどは継続する事をお勧めします。

上腕二頭筋腱損傷・断裂

症状

・肘を伸ばした状態で物を持ち上げると痛い
・後ろに手を回すと痛い
・投球時に痛い
・じっとしてても肩の前側がジンジンうずくように痛い

部位

肩の前側~二の腕の痛み

なぜ痛くなるの?

『上腕二頭筋』とは力こぶの筋肉のことです。この筋肉は肘を曲げることの他に肩関節の動きも助けます。肘から肩にかけて付いていて、肩側では「長頭腱」「短頭腱」の2本に分かれます。「長頭腱」は結節間溝という骨の形状上狭い溝のように陥没したところに位置するため摩擦による影響を受けやすく「短頭腱」よりも負担がかかりやすいといえます。
力こぶの筋肉が働いて縮む時、また逆に伸ばされる時、細い腱の部分が牽引されます。そのような刺激が繰り返されることで徐々に傷つき、断裂してまうこともあります。しかし、炎症,損傷という状態よりも、断裂の状態の方が腱にかかる牽引力がなくなるため痛みが軽減する場合があります。また、この腱が断裂しても筋力には影響はありません。

東大沢整形外科内科での治療および治療方針

鎖骨の骨癒合は良好で、多少の変形治癒にも機能障害を残さない事から保存療法が原則です。但し、不安定型の外側骨折や早期の社会復帰、スポーツの復帰が求められる場合には、手術療法が選択されます。

  1. 注射・湿布剤→患部の炎症を抑える
  2. 物理療法→炎症を抑えたり、筋の過緊張を和らげる
  3. テーピング→筋の働きを助け負担を減らす
  4. 運動療法→筋肉を柔軟にし強くする
  5. 症状の改善がみられない→関節鏡視下手術

※『関節鏡視下手術』は傷が少なく済むため、従来の手術法よりも早期回復が可能です。
※患者さんと相談の上、当医院の連携病院へご紹介いたします。

橈骨遠位端骨折

受傷機転:転倒などにより手をついた際に生じる骨折です.好発年齢は10歳前後の小児と60歳以上の女性です.小児では活動性が高く転倒・転落の機会が多いこと,手をついた際に支えられる筋力が未発達なこと,また,60歳以上の女性では骨粗鬆症による骨脆弱化を背景としています。

症状

前腕には2本の骨があり,橈骨は親指側にあります。手首から1~3cm上の肘よりの部分に多く起こります。その周囲の腫れ、疼痛、ときにフォーク状の変形がみられます。 小児の場合には変形,腫れは強くないことがありますので注意して下さい。

東大沢整形外科内科での治療および治療方針

  1. 徒手整復後固定: 固定期間は骨折の程度により異なりますが,4週間前後が標準的です。
    骨折のタイプ,転位(整復後のズレ)の程度によっては手術療法の選択も考えられます.その際は,提携の病院へご紹介いたします。
  2. 薬物療法: 消炎鎮痛効果の内服薬
  3. 物理療法: 固定除去後の温熱療法,電気療法
  4. 理学療法
    1. 固定期間中:手関節以外の手指,肩・肘関節を大きく,頻繁に動かしていきます.関節拘縮(関節が硬くなること)や長期にわたる浮腫や痛みの予防に大変重要です。
    2. 固定除去後:
      1)関節可動域訓練:手関節中心に拘縮を改善していきます。
      2)徒手療法:頸椎・肋骨・肩・肘・手根部など関節の動きが悪くなっている部位への調整や硬くなっている筋肉へ刺激を加えていきます.拘縮の改善,除痛に効果的です。
      3)筋力訓練:手関節筋力,握力の回復をはかります。

上腕骨近位端(頚部)骨折

症状

・上腕骨近位端骨折の多くは、骨粗鬆症を伴う高齢者の転倒によって生じます。
・脱臼骨折では腱板断裂を伴うことがあります。

部位

上腕骨の肩寄りの部位に生じる骨折で、その骨片(骨頭・大結節・小結節・外科頚)と転位の大きさにより分類され、保存的または手術的な治療方針が決定されますが、 年齢や活動性なども踏まえて判断します。
ある程度の変形治癒は許容され、機能的に問題とならないことも多くあります。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 固定: 三角巾で腕を固定し、バンドで腕を体に固定します。
    固定期間は骨折や痛みの程度によって異なりますが、平均で4週間固定します。 初診時より、1週ごとにレントゲン撮影し再転位がないか(骨がずれていないか)、仮骨が出てきているか(骨がついてきているか)確認します。
  2. 物理療法:温熱、電気刺激療法、鍼などによる消炎鎮痛
  3. 理学療法:受傷後2週目頃より、1日数回は固定をはずして振り子運動を行います。拘縮予防と骨折転位の修復に効果的です。自動運動は仮骨が出現してくる6週頃から開始します。あまり早期の運動療法は偽関節を作るため注意が必要です。自動介助運動から開始して、関節可動域の改善を図り、腱板訓練を追加していきます。
  4. 手術的治療が必要な場合には、提携の病院へご紹介致します。

ガングリオン

症状・部位

関節の近くに出来やすく、米粒大からピンポン玉くらいの腫瘤を形成。手の甲に出来る事が多い。

なぜ痛くなるの?

多くの場合、強い痛みはありませんが、腫瘤が周りの神経を圧迫すると強い痛みが出現することもあります。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 注射:内容物を吸引(しびれ痛みが伴う場合)
  2. 保存療法:局所の安静を図る

※再発を繰り返し、手術が必要と思われるものは患者様と相談し、提携の病院を紹介いたします。

母指CM関節症

症状・部位

・母指の付け根の関節(CM関節)に痛みがある。
・物をつまむ時やビンのふたを開ける時に痛む。
・関節部に硬い腫れがあり、押すと痛む。

なぜ痛くなるの?

他の指よりもよく動く関節なので、使い過ぎや老化に伴って発症する。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 内服・注射:炎症を抑えるため
  2. 装具療法:安静・圧迫目的でサポーター・弾性包帯での圧迫固定。
  3. 物理療法:痛みを軽減させる為
  4. 日常生活指導:患部の安静

マレット変形

症状・部位

手指の第1関節(DIP関節:指先から数えて1番目にある関節)の腫れ・痛み、自動伸展不能(曲がったままの状態)、他の手で手伝ってあげると伸展可能。3つのタイプに分けられる

  1. 終止腱断裂
  2. 終止腱がついている骨での剥離骨折
  3. 末節骨の関節面を含む骨折

なぜ痛くなるの?

野球・バレーボールなどの球技中、ボールが指先にあたり突き指という形で起こる事が多い。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 内服薬→炎症を抑える為
  2. 装具療法→(1)の腱断裂で一般に行われる。指装具(副子)固定。
  3. 物理療法→固定による関節拘縮解消の為の渦流浴
  4. 手術療法→(2)(3)骨折を伴う場合、手術を必要とする事がありますので、患者様と相談の上、提携病院をご紹介いたします。

ヘバーデン結節

症状・部位

加齢によって起こる指の第一関節(DIP)の変形・腫脹。
変形のわりに痛みや機能障害は少ない。 手をよく使ってきた更年期を過ぎた女性に多くみられる。

なぜ痛くなるの?

関節面の変形・関節の炎症による痛み。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 物理療法:炎症をおさえ痛みの緩和をはかる。
  2. 投薬、湿布:炎症を抑える。

弾発指・ばね指

症状・部位

・指を伸ばそうとした時にカクッとした感覚。
・母指に多く発症する。
・更年期の女性や産後の女性に多い。
・指の付け根を押すと痛みがある。

なぜ痛くなるの?

指の曲げ伸ばしは、手のひら側にある屈筋腱の働きによりますが、この腱は靭帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)という組織で囲まれています。この屈筋腱と靭帯性腱鞘が引っかかるようになることで起こります。 最も多い原因は、指の使いすぎです。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 内服薬・注射:炎症を抑える為
  2. 物理療法:周囲筋の緊張の緩和の為の渦流浴・超音波など

ドケルバン病(母指手関節腱鞘炎)

症状・部位

物をつまむ時やビンのふたを開ける時に生じる親指側の手首あたりの痛み。

なぜ痛くなるの?

親指の使い過ぎ等よる腱(指を動かすひも)と腱鞘(ひものおさえ)との間におこる炎症。産後や中年女性(更年期前後)に多く見られる。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 物理療法:炎症をおさえ痛みを軽減させる 
  2. 装具療法:患部安静の為のサポーター
  3. 内服・注射:炎症を抑える為

手根管症候群

症状・部位

夜間や手の使用後に正中神経の支配領域である示指、中指を中心にシビレ、痛みが出現。次第に知覚低下や母指の付け根(母指球筋)が痩せてきて、母指の対立運動が困難になり、縫い物などの細かい作業が出来にくくなります。

なぜ痛くなるの?

手根骨と手根横靭帯で形成された手根管と言うトンネルで正中神経が圧迫されると上記のような症状が出てきます。前腕の骨折等、手関節の外傷後、手をよく使う職業、重労働者、ガングリオン、妊婦、閉経後の女性、透析患者に多く見られます。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 物理療法:低周波等
  2. 注射、内服薬:炎症、痛みを抑える
  3. 日常生活指導:ストレッチの指導等

キーンベック病

症状・部位

・手首が痛い・腫れてる
・手に力が入らない
・握力が落ちた

なぜ痛くなるの?

その中の1つで 月状骨 という骨が何らかの原因で血液が通わなくなり、壊死(骨としての活動が停止した状態)してしまうことにより発症します。
特に手をよく使う職業(大工、農業、漁業など)の人に多く、外傷歴がないのが特徴です。
レントゲンでは、月状骨が壊死すると黒く写ってきます。他に、扁平(平らになる状態)化や分節(いくつもの骨に分かれる状態)化したものが見られるようになります。
確定診断をするにはMRI検査やCT検査などを行うこともあります。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 内服・湿布薬およびリハビリ(物理療法)→炎症を抑え、痛みを緩和する
  2. 装具療法・テーピング→動きを制限、サポートし患部の負担を軽減する

※骨の状態が悪い場合、症状が強い場合にはより良い治療が受けられる専門医をご紹介いたします。

舟状骨骨折

ただいまコンテンツ作成中

関連項目

全身の症状首・肩の症状腕・肘・手の症状腰・骨盤の症状膝の症状股関節の症状足の症状

関連項目