腰・骨盤の症状

骨盤輪不安定症筋筋膜性腰痛腰椎椎間板ヘルニア坐骨神経痛腰部脊柱管狭窄症急性腰痛症腰椎分離症脊椎圧迫骨折側弯症腰椎すべり症腰痛

骨盤輪不安定症

症状・部位

骨盤周囲の痛み

・お尻の横が痛い
・尾骨(尾底骨)が痛い
・足の付け根が痛い
・恥骨が痛い
・腰が痛い

その他・・・

・尿漏れ感がある
・下半身がいつもだるい

などの症状がでる場合もあります。

なぜ痛くなるの?

『骨盤輪』とはいわゆる骨盤のことで、仙骨と左右の寛骨が2つの仙腸関節(お尻側)と恥骨結合(陰部側)とで連結されて構成されるものです。
『骨盤輪不安定症』とは何らかの原因で骨盤輪が緩み、様々な症状が出る状態です。
これは外傷の他、産前後の女性によくみられます。産後は赤ちゃんが産道を通ったために骨盤が広がり、その後もどらず緩みが残ったり、変形したりすることで起こります。産前は、妊娠6週頃から分泌される「リラキシン」というホルモンの作用で骨盤内の靭帯が緩み、症状が出ると予想されます。
現代女性は特に妊産婦の時期にこの状態に陥ることが多いと言われていますが、その原因として、車社会など生活様式の変化、幼少時代の運動量の減少による靭帯の弱化が影響していると考えられています。

東大沢整形外科での治療および治療方針

急性期は頚部の安静を指示し、痛みに対しては痛みを減少させる作用のある薬を処方します。急性期が過ぎるとリハビリテーションとして物理療法や運動療法を行ないます。

  1. 湿布剤:患部の炎症を抑える
  2. さらし固定法:骨盤の緩みを一時的に矯正する
  3. 徒手療法:異常な筋緊張を緩める
  4. 運動療法:骨盤周囲筋を柔軟かつ強くする

※投薬なしで治療を行うので、妊娠中や授乳中でも安心して治療が受けられます。

筋筋膜性腰痛

症状・部位

腰部の痛み。背骨の両脇にある大きな筋肉(脊柱起立筋)、腸腰筋などに起こります。レントゲン写真やMRIでは骨の変化はあまりない場合がほとんどです。

なぜ痛くなるの?

長時間同じ姿勢(イスに座ってる姿勢)など、腰部の筋肉や筋膜に加わる過度の加重や持続力による筋緊張、筋疲労、運動時の急激な力(屈曲力、伸展力、回旋力、牽引力など)によって損傷を受け発生します。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 注射・内服薬・湿布剤:炎症を抑える
  2. 物理療法・温熱療法・鍼治療・マッサージ療法:筋肉の緊張を和らげる
  3. 運動療法:筋肉を柔らかく強くする

腰椎椎間板ヘルニア

症状・部位

腰痛やお尻の痛み。脚が痺れる、力が入らない、足先に走る痛みや痺れ(いわゆる坐骨神経痛)。間欠性跛行(数10m~数100m歩くと足に痛みやシビレが現れ、休憩を必要とする状態)などです。さらに、進行すると運動麻痺が現れて足に力が入らなくなったり、直腸膀胱障害(尿や便の排出に異常を来たす状態)が出現する事もあります。
腰やお尻、太ももの外側・後ろ側、すねから足のゆびにかけての症状が多い。

なぜ痛くなるの?

椎間板は椎骨(腰の骨)と椎骨の間にあってクッションのような役割をし、真中に位置した柔らかいゲル状の髄核と、その周辺を取り囲んでいる線維輪とで構成されています。
椎間板ヘルニアとはこの髄核が後方へ移動し、脊柱管内(椎骨が並んで作る神経や血管の通り道)に飛び出た状態を言います。ちょうど、両手で饅頭をつぶすと、真中にある「あんこ」が周りに飛び出た状態です。その飛び出たヘルニア(あんこ)が神経を圧迫して、腰痛やお尻の痛み、足先に放散する痛み、痺れ、足に力が入らなくなった状態(いわゆる坐骨神経痛)になるのです。
痛みの誘因としては加齢的な変化、軽微な外傷(捻挫や打撲など)や長時間一定の姿勢を強いる作業、スポーツ傷害などが考えられます。中には、重いものを持った際やくしゃみなどをきっかけに発症することもあるようです。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 薬物療法:外用薬(湿布薬や塗り薬)、内服薬(消炎鎮痛薬)、ブロック注射・静脈内注射
    ※1 ブロック注射(痛みを感じる原因となっている部分や、神経に局所麻酔剤を注射する事で、痛みを軽減する治療法)
    ※2 静脈内注射(痛みを軽減する薬剤等を血管の静脈から注射により投与する方法)
  2. 物理療法:極超短波による温熱、牽引療法、高・中・低周波・鍼などによる消炎鎮痛
    (日常生活では)
    1. 良肢位を保つためコルセットを着用する。(ただし、長期間使用すると筋力が低下しやすいので注意)
    2. 運動(特に腹筋群や背筋群の両方を強化する)
  3. 長時間の座位は避けるよう心がける。
  4. 痛み・しびれが強く症状が改善しない場合は患者様と相談の上、MRI検査・手術も考慮し 当院の提携病院へご紹介致します。

坐骨神経痛

症状・部位

臀部、大腿部後面、ふくらはぎ、くるぶし、踵付近までいたみや痺れを感じる。(坐骨神経痛は病名ではなく、神経痛の一種である。)
臀部・大腿部後面・ふくらはぎ・くるぶし・踵、特に臀部~ふくらはぎにかけてが多い。

なぜ痛くなるの?

腰で神経が圧迫されたり、臀部の筋肉が炎症・痙縮・肥厚などの原因によって、坐骨神経が絞扼され生じる。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 薬物療法→ブロック注射・静脈内注射・内服薬・湿布薬
  2. 物理療法,鍼治療→消炎鎮痛、筋肉の緊張を和らげ、血流を良くする。
  3. 日常生活指導→安静,適度な運動
  4. 痛み・しびれが強く症状が改善しない場合は患者様と相談の上、MRI検査を考慮し 当院の提携病院へご紹介致します。

腰部脊柱管狭窄症

症状

・初期:腰部に痛みが出る。
・中期:下肢(かし)のしびれ、坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)の痛み、歩行時に痛みが出現し、座って休むとまた歩くことができる。(間歇性跛行)
・末期:知覚障害、運動麻痺、筋委縮、膀胱直腸障害。

部位

腰部、坐骨部、大腿前面・側面・後面、下肢側面・後面

なぜ痛くなるの?

骨棘(こつきょく)形成や後縦靭帯(こうじゅうじんたい)、黄色靭帯(おうしょくじんたい)など脊柱管内にある軟部組織(なんぶそしき)の肥厚(ひこう)により神経根(しんけいこん)や下肢への神経を圧迫することにより痛みが発生します。しばらく歩くと下肢の痛み、しびれ、こわばりなどの症状が出現し、歩行困難になる場合があります。前かがみになったり、座ったりすると神経への圧迫が軽減するためまた歩くことが可能になります。(間歇性跛行)

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 薬物療法

    外用薬(湿布薬や塗り薬)、内服薬(消炎鎮痛薬)
  2. 極超短による温熱・超音波・微弱電流・中・低周波・鍼などによる消炎鎮痛
    予防としては
    1. 腰部に急な力を加えない。
    2. 中腰の姿勢をしないように心掛ける。
    3. 冷やさないようにし、普段から温めるようにする。(血行を良くする)
    4. コルセットなどで腰を固定する。
  3. それでも治らない場合は患者さまと相談の上、手術も考慮し、当院の連携病院へご紹介致します。 

急性腰痛症

部位

いわゆる「ぎっくり腰」の事である。地域によっては「魔女の一撃」とも呼ばれている

症状

・腰の激しい痛み ・壁や手すりにつかまればなんとか歩ける(歩行障害) ・ほとんど動く事ができない(歩行・体動困難) ・冷汗 ・発熱

なぜ痛くなるの?

日常生活や仕事で重い物を持ち上げる動作、床に落ちている物を拾う・顔を洗うなどの前かがみでの動作、クシャミなどの不意の動作、急に腰を捻る様な動作などが原因で起こります。 腰の骨(腰椎)の間にあるクッション(椎間板)のヘルニアや、靭帯の損傷や腰など筋肉の緊張による痛みも考えられます。 ※痛みの原因には他の病態も疑われることが多くありますので、症状が軽減しない場合は、MRI検査等が必要になります。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. ブロック注射・静脈内注射・内服薬・湿布剤・座薬:炎症を抑える
  2. 装具療法:患部の安静を図る
  3. 物理療法:筋肉の緊張を和らげる
  4. 運動療法・日常生活動作指導:筋肉を柔らかく強くする。再発の予防。

腰椎分離症

ただいまコンテンツ作成中

脊椎圧迫骨折

ただいまコンテンツ作成中

側弯症

ただいまコンテンツ作成中

腰椎すべり症

ただいまコンテンツ作成中

腰痛

ただいまコンテンツ作成中

関連項目