膝の症状

変形性膝関節症オスグット病半月板損傷靭帯損傷膝蓋骨脱臼

変形性膝関節症

症状

・(初期)
 立ち上がり時、歩き始めにひざが痛む(休めば痛みがとれる)

・(中期)
 歩くとひざが痛み、正座、階段での昇降が困難(動作が不自由)

・(末期)
 変形が目立ち、ひざがピンと伸びず、歩行も困難(日常生活が不自由)

※主な症状はひざの痛みと水がたまってくることです。症状が進むと、ひざの動きが制限され、ひざが完全に伸びなくなります。

部位

膝関節内側の痛みが多いようです。

なぜ痛くなるの?

加齢、関節の軟骨の老化(すり減り)、筋力の衰え、肥満、外傷、遺伝的素因などが考えられます。
加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、長年使ってきたことによる使いすぎによりすり減り、関節が変形します。
関節が変形し関節包(関節を包んでいる膜)に炎症を起こして痛みが生じます。
変形性膝関節症は、中高年の女性(50歳以降)に多く発症する疾患です。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 薬物療法:外用薬(湿布薬や塗り薬)、内服薬(消炎鎮痛薬)、関節内注射(ヒアルロン酸やステロイド薬)
    ※1 ヒアルロン酸注射(関節内に注入し軟骨の保護や滑りをよくする)
    ※2 局所麻酔・ステロイド薬(疼痛・炎症を抑える:比較的即効性がある)
  2. 物理療法:極超短による温熱・超音波・微弱電流・中・低周波・鍼などによる消炎鎮痛 
  3. 理学(運動)療法
    ※1 大腿四頭筋強化訓練、関節可動域改善訓練など徒手によるもの。
    ※2 フィットネス機器または中周波機器によるEMS( Electrical Muscle Stimulation : 筋肉増強法 )を導入しております。EMSは身体の深部に電気を到達することができ筋肉を充分に収縮させ大腿四頭筋などの筋力アップ を電気的にさせ、筋力の衰えをある程度予防させることができます。
    (予防としては)
    1. 肥満があるば減量を心がける。
    2. 運動(特にふとももの前の筋肉:大腿四頭筋を強化する)
    3. 急に痛む時は冷やすが、慢性化したら温めて血行を良くする。
    4. 正座をしないよう心がける。
    5. ひざを冷やさない。(冬場の寒い時期やクーラーなどに注意する)
    6. なるべく洋式トイレを使用する。
  4. それでも治らない場合は患者様と相談の上、手術も考慮し、当院の連携病院へご紹介致します。

オスグット病

症状

太ももの前のお皿を介してつながる筋肉が、脛骨(膝の下の骨)の付着部の骨端軟骨を剥離させる事です。小学校高学年から中学の発育期の、スポーツ少年のお皿の下の骨が徐々に出てきて痛みだします。

部位

膝のお皿の下あたりに出現します。

なぜ痛くなるの?

この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期で、膝を伸ばす力の繰り返しにより、成長軟骨部が筋に引っ張られ、剥離することにより痛みが出現します。特に、跳んだり跳ねたりを繰り返すと発生しやすく、休んでいると痛みがなくなりますがスポーツを始めると痛みが再発します。成長期に特徴的な痛みです。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 薬物療法:痛みの強い時のみ外用薬(湿布薬や塗り薬)、内服薬(消炎鎮痛薬)を処方します。
  2. 物理療法:電気治療(微弱電流・超音波など)による消炎鎮痛
  3. 理学療法
    ※1 ももの前の筋肉(大腿四頭筋)のストレッチング指導
    ※2 痛みのある場所のアイスマッサージ指導
  4. 装具療法:スポーツ時の痛みを和らげる為のベルト(サポーター)の処方

日常生活ではなるべくこの時期はスポーツを控える事をおすすめします。

半月板損傷

ただいまコンテンツ作成中

靭帯損傷

ただいまコンテンツ作成中

膝蓋骨脱臼

ただいまコンテンツ作成中

関連項目