足の症状

肉ばなれシンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)外反母趾距骨骨軟骨損傷アキレス腱断裂足関節果部骨折幼児扁平足疲労骨折

肉ばなれ

症状・部位

ももの裏側(ハムストリング)ももの表側(大腿四頭筋)ふくらはぎ(腓腹筋)によく起こる。

なぜ痛くなるの?

肉ばなれというのは収縮している筋肉が急に無理に引き伸ばされた時に起こり、筋肉の一部が断裂してしまうもの。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 内服・湿布→炎症を抑える為 
  2. 装具療法→患部安静の為サポーター・弾性包帯での圧迫固定。
  3. 物理療法→痛みを軽減させる為
  4. 日常生活指導→急性期の場合R・I・C・E処置(安静・冷却・圧迫・挙上)の指導。  

シンスプリント(脛骨疲労性骨膜炎)

症状

圧痛(押すと痛い)や運動時の痛み、わずかに腫れてくる事もあります。

部位

すねの中心から少し下の内側あたりに多いようです。

なぜ痛くなるの?

筋肉が伸びたり縮んだりを繰り返すことで、骨膜に炎症を発生します。疲労骨折とよく似た症状を示しますが、骨折ではなく、骨膜に起こる障害です。陸上の中距離ランナーやテニスプレイヤーによく見られます。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 薬物療法:外用薬(湿布薬や塗り薬)、内服薬(消炎鎮痛薬)
  2. 物理療法:電気治療(微弱電流・超音波)による消炎鎮痛
  3. 日常生活指導 :約3~4週間のランニング・ジャンプの中止指導(水泳や自転車こぎ等の足に体重がかからない運動は可能)、痛みのある部位のアイシング指導い、ヒラメ筋(ふくらはぎの筋肉)のストレッチ・足関節周囲の筋肉増強などの運動指導

外反母趾

症状

母趾が小趾側に曲がり、歩行時に痛みを感じたり、発赤が出現したりします。

部位

足の親趾に痛みが出る事があります。

なぜ痛くなるの?

ヒールの高い靴や、つま先のキツイ靴などを着用する事によって足に負荷がかかり、変形を起こします。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 薬物療法:外用薬(湿布薬や塗り薬)、内服薬(消炎鎮痛薬)
  2. 物理療法:痛みのある部位への電気治療(微弱電流・低周波による鎮痛消炎)、免荷パットや矯正装具(サポーター)の着用・指導  
  3. 予防としては
    :足に負担のかかる靴(つま先の細い靴・ヒールの高い靴など)を履かないよう指導します。

足関節捻挫

症状

足首をひねってしまい起こるケガです。程度によって3つに分類できます。

Ⅰ度:靱帯が伸びる
Ⅱ度:靱帯が部分的に切れる
Ⅲ度:靱帯が完全に切れる

部位

多くは足首を内側に捻っておこります。その為、足首の外側の靱帯が傷みます。外くるぶしの前や下に痛みがあり、腫れがみられます。

なぜ痛くなるの?

捻挫とは関節を支持している靱帯が傷む事です。
足首の捻挫はスポーツで最も多く起こる怪我のひとつです。バスケットやバレーボールで着地の際に捻ったり、走行(歩行)中にクボミや段差に足をとられ捻ったりして発生します。

東大沢整形外科での治療および治療方針

  1. 薬物療法:
    鎮痛剤・消炎鎮痛剤の入った湿布の処方を行います。
  2. 物理療法:
    超音波・微弱電流等による消炎鎮痛
    低周波・高周波・EMS等によるスポーツ復帰にむけてのリハビリ
  3. 理学(運動)療法:
    第一段階として、捻挫をした直後の時期でそれ以上ひどくならないようにRICE処置を行います。
    第二段階は捻挫をして硬くなった足首を柔らかくし、動きを良くする事、足首の周囲の筋肉を鍛え、衰えた筋肉を取り戻す事を行います。
    第三段階はバランスをとる練習をします。ジョギングやダッシュ、サイドキック等の実践練習を行い、スポーツ復帰に備えます。
  4. 装具療法:
    1度・2度の捻挫に対しては、サポーター・包帯による固定を行う事があります。3度の捻挫に対して、2~3週間の装具による固定を行います。また、稀に手術を行う時もあります。
    この場合、患者様と相談の上、当院の連携病院へご紹介いたします。
  5. 日常生活指導:

    RICEの処置

    R(rest)安静
    I(ise)冷却
    C(compression)圧迫
    E(elevation)挙上 の指導を行います。

距骨骨軟骨損傷

ただいまコンテンツ作成中

アキレス腱断裂

ただいまコンテンツ作成中

足関節果部骨折

ただいまコンテンツ作成中

幼児扁平足

ただいまコンテンツ作成中

疲労骨折

ただいまコンテンツ作成中

関連項目