投稿日:2011年5月19日|カテゴリ:勉強会

テーマ:肉離れ
日時:平成23年5月19日(木)
場所:東大沢整形外科内科
講師:小澤 俊昭
対象者:理学療法士 柔道整復師

 

講義内容(1)
講義内容(2)
講義内容(3)
講義内容(4)


 肉離れとは、6~7月に発生する事が多く、スポーツ全体を通して開始時期に起こりやすいと言われています。原因としては、不十分なストレッチや急激な運動負荷増大などが挙げられます。また再発する方が多く、回復の遅延が発生してしまう事が多いです。
通常、安静期間から始まり、徐々にストレッチなど運動を開始という経過を辿りますが、運動開始時期を誤ってしまう事で、回復遅延になるケースが多いです。
筋腱移行部で起こる事が多く、受傷後3週目ぐらいから組織が形成されていきます。
その為、ストレッチなどを早期で行なう事が重要になります。