投稿日:2011年6月2日|カテゴリ:勉強会

テーマ:Colles骨折の保存療法におけるX線学的評価と治療成績について
日時:平成23年6月2日(木)
場所:東大沢整形外科内科
講師:鈴木 愛美(PTS)
対象者:理学療法士 柔道整復師 鍼灸師

 

講義内容(1)
講義内容(2)
講義内容(3)
講義内容(4)


今回は、当院でも治療機会の多いcolles骨折における治療成績についてまとめた。
固定期間中に再転位が生じた症例は成績不良であり、成績不良因子を満たす症例においては、手術療法を検討する必要がある。また、高齢者の場合には、高度な変形治癒であっても治療成績は良好で、患者様の主観的評価は比較的高いとされている。