投稿日:2012年5月31日|カテゴリ:勉強会

 

テーマ:「末梢性神経障害性疼痛治療薬について」
日 時:平成24年5月30日(水)
場 所:東大沢整形外科内科
提 案:ファイザー・エーザイ
対象者:東大沢整形外科内科スタッフ全員

研修会風景①
研修会風景②
研修会資料①
研修会資料②

内容は末梢性神経障害性疼痛治療薬についてで、院内スタッフ皆が参加した研修会でした。
外傷や変形性関節症などの侵害受容性疼痛、
帯状疱疹後神経痛や坐骨神経痛などの神経障害性疼痛、
腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの混合性疼痛に対し、
神経伝達物質の放出を抑制し、鎮痛作用を発揮します。
従来の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)では、
コントロールが効かなかったケースに効果が期待されます。
スタッフからの質疑応答に対し、詳しく説明してくれました。
今後も引き続き、研修会を通してスタッフの知識向上に繋げていきたいと思います。