投稿日:2017年3月9日|カテゴリ:勉強会, 勉強会・院外活動

日時:平成29年1月28日(土)

担当:宗方 美季

対象者:医師、理学療法士、柔道整復師、鍼灸師

   

   

下腿外旋症候群とは日常生活での座り方やスポーツ動作での膝の使い方、炎症などによって

膝後外側構成体の拘縮や滑走不全が生じ、下腿が外旋位に変位してしまうことをいう。

本日はその成因・要因からスポーツ外傷との関わりと治療をする際のポイントをまとめて紹介した。