婦人科疾患と腰痛

日時 : 平成29年 4月 28日(土)

担当 : 宗方 美季

対象者 : 医師,理学療法士,柔道整復師,鍼灸師

     

 

     

腰部痛は整形外科疾患のみならず、脳疾患、内臓疾患、婦人科系疾患などでも起こる可能性がある。

今回は婦人科系疾患である子宮内膜症について、基本的な知識と腰部痛など症状出現との関係性に

ついてまとめた。インナーユニットである骨盤底筋の評価として超音波を用いることで視覚的に

骨盤底筋の動きを確認することができるので今後の評価に活用できるのではないかと提案した。