TKA-術前・術後の押さえるべきポイント‐

日時:令和元年9月28日(土)

担当:佐久間健太郎

対象者:医師,理学療法士,柔道整復師,鍼灸師

     

     

人工膝関節全置換術(TKA)の症例を通して術前・術後のリハビリについて説明した。

術後の可動域・筋力は術前・術中に相関するため術前の評価と治療が重要であることを再確認した。

また、手術時の膝関節内の侵入法や手術に用いるインプラントが筋力、可動域に関連することから

リハビリを行う際はこれらの手術内容についての確認が必要である。