リウマチ性多発筋痛症

日時:令和2年2月22日(土)

担当者:甲斐 政行

対象者:医師,理学療法士,柔道整復師,鍼灸師

            

肩関節周囲炎の診断から次々に痛みが増え、最終的にリウマチ性多発筋痛症の診断を受けた症例

を担当した。右肩の痛みから始まり、左肩関節、右股関節、左股関節の順に痛みを訴えていた。

対称性の痛みの背景には他の疾患が潜んでいる可能性を改めて意識させる症例だった。特に安静時痛

が強く、夜間痛が長引くケースや発熱がある場合は注意が必要である。